2010.11.25

ORY @ NO.12 Gallery

秋晴れの清々しい午後。ウメモドキの赤い実が、真っ青な空に映えるのを眺めながら、お散歩気分でギャラリーへ。この日は、私が10年やっていた1枚革の専門店にいらしてくださっていたお客様で、いまでもお付き合いのある、谷口さんの個展にお邪魔してきました。彼女はORYというブランド名で、私と同じく、お一人でレザー小物をデザイン製作されています。

彼女からクリエイトされるものは、平面から立体。 同じものが様々なフォルムや線をみせる、そんな何次元もの視点で見る人の目を楽しませてくれる、そんな作品だな。といつも感じます。上はピンブローチ、下は折りたたむとBoxになるブレスレット。自分の感性で、好きなものを、好きなように作る。その事の難しさ、大切さを、今日も再確認する機会でした。

2010.11.2

talk about leather – 皮から革へ

皆さんは、「皮」と「革」。このふたつの漢字のもつ意味の違いはご存知でしたか? 私は以前、レザー(一枚革)の専門店を母としていたのですが、その仕事に携わる前は意識せず使っておりましたし、意味の違いもあまり考えた事がありませんでした。

レザーについて詳しい、一番身近な存在の祖父に当時聞いてみたところ、「皮っていうのは、ナメス前の状態のもの。革は、それと違ってナメシタ後の状態のものを言うんだ」。
そこで聞いた事のない言葉が。「ナメス・・・?」 「ナメスっていうのは、薬品を使って、動物から剥いだ状態のコラーゲン質の皮を、バッグや靴、お財布なんかに使えるように、こうした繊維質にすること。漢字で書くと、革を柔らかくするって書くんだ」 なるほど、【なめす—鞣す】。 「あとは靴って言う字も、革が化けるって書くだろ?」 なるほど!【靴】。 レザーについて、全く知識のなかった当時の私には、祖父と二言三言交わすだけでも、沢山の知識や言葉が返ってきました。

2010.10.25

Vintage Book 2

今回は、昨年の秋にご紹介した、修復中のビンテージ本のその後をご紹介します。前回は本文用紙自体を強化をする為に、糊入れ作業をおこないました。保湿も出来、また水分を加えることで汚れも落とすことが出来たので、紙の色がワントーン明るくなりました。

次は目引き穴(折り帳を糸でかがる時に必要な穴)の修復と、背や本文ページに所々見られる亀裂や破れの修復です。これには繊維の沢山絡み合う、丈夫な和紙。そしてタバコ紙を使います。タバコ紙は純白色なので、これはビンテージの本の紙にそのまま使ってしまうと、いかにもここを修復しました。と違和感が出てしまいます。そこで、紙を紅茶にしばらく浸し、色を合わせてから使います。コーヒーの方が早くしっかり染まるのでは?と思うところなのですが、コーヒーは一見染まったように見えても、色がすぐに飛んでしまいます。